2018年7月1日

  今年はいつになく、大変暑い日々が続き、最高気温の更新をし
 ているような気候でしたが、そんな暑い中、伊勢志摩里海トライア
 スロンが開催されました。トライアスロンはスイムという競技が
 入っているので夏開催になるのですが、最後の種目、ランニングは
 この暑さでは大変です。
 そんな中このトライアスロンのリレー部門のランニングに参加して
 きました。トライアスロンがメイン
 のイベントで、リレー部門は10キ
 ロ走るだけなのでおまけのような存
 在です。
 スイムとバイクとランで1チームに
 なってそれで競うわけです。
 私たちのチームはこの三人です。2
 人とも「はるちゃん」なのでチーム
 名は「はるはるゆ~じ」一人でスイ
 ムバイクランをこなすソロの選手と
 一緒にリレーを走るため、通常のレースと違って疲れている選手を
 どんどん抜くことが出来るので大変気持ちが良いレースになりま
 す。それでも、ものすごいスピードで私を抜いていくソロも選手
 もいるので、感心しきりです。仲間の中に初めてソロに挑戦するメン
 バーが3名ほどいて簡単にゴールしにくる人や、待っても待っても
 なかなか姿が見えない人がいて、やっとのことでゴールに近づく姿
 を見つけた時には感動すらしてしまいました。
 こちらが初ソロデビューで余裕の前原くん。
 こちらが初ソロで姿が見えた時みんなに感動を与えたみやじい。

 真夏のトライアスロンで、何人熱中症で倒れて、運ばれていく救急車のサイレンの音を聞いて
 いると、そんなに無理なことをして何が楽しいの?と疑問を
 持つ方が多いですが、現地にいると、この困難な種目に挑戦
 する気持ちはなんとなく分かる気がします。
 私は56分ぐらいで昨年より少し悪いタイムでした。家内も違
 うチームで同じくらいのタイムで走っていたので、いよいよ
 家内に抜かれるのも時間の問題だ、という恐怖が迫ってくる
 のを感じました。でもこれも、家内にマラソンを薦めた私に
 とって喜ばしいことだと思って、納得することにしました。                                 ;                      つづく