2018年4月28日

          高橋尚子杯の岐阜清流マラソンに出場してきました。
  ウィメンズマラソンで初フルを完走した家内も一緒に走ること
  になりました。一週間前にボストンマラソンで優勝した川内優
  輝選手も一緒に走るので、大変盛り上がっていました。今年は
  大変暑くなるという予想だったので熱中症予防と足攣り予防で
  薬を3種類飲んで、ゼリーも携帯して万全の準備をしました。
     スタートは鉄人アコさんと一緒だったので、行けるところま
  で付いていこう、とマークしましたが、1キロ辺りで諦めまし
  た。やはり自分のペースで、とキロ当たり4分50ぐらいを
  保って走り、川内くんとすれ違った5キロ辺りまでは順調その
  ものでした。
      しかしその辺りから胃がムカムカしだして、吐きそうにな
  り、スピードを保てなくなりました。序盤で吐きそうになった
  のは21回目のハーフマラソンで初めての症状だったので、
  ゆっくり走り、途中のエイドで止まって水を飲みゼリーを食べ
  てみましたが変わり

    ません。リタイアも考えましたが後悔する気がした
    のでゆっくり走って気持ち悪さが回復するのを待ち
 ました。気温が上がってきたので今度は水をがぶ飲
 みして熱中症対策もしてみましたが、なかなか回復
 しませんでした。
 せめて2時間は切ろう
 という思いで走ってい
 たら、高橋尚子さんが
 いたので「苦しいよう
 ~」と叫んだら「頑張
 れ」ではなく「よく頑
 張ったね」と声をかけてくれハイタッチしてくれました。その心使
 いには頭が下がり、少しだけスピードアップしてゴールすることが
 できました。

  タイムは1時間58分と少々、21回目のハーフマラソンで三番
 目に遅い記録でした。自爆してしまった原因は、気温が異常に高
 かった事か、足 攣り予防の薬を3種類同時に飲んだ事か、前日友人
 のライブに行ってハイボールを二杯飲んだ事か、単に走り込み不足
 なのか、年齢からくる衰えなのか、色々 理由をつけられますが、結
 果は結果です。反省しなくてはなりません。


                                       つづく