2017年12月10日

エイドで少し休憩して復活しようと思いましたが、少し走っても全くパワーが出ず、すぐにとぼとぼ歩いたり休憩したりの繰り返しになってしまいました。これでは完走することもできないかもしれないと、かなりネガティブな気持ちが浮かんできました。最近の練習ではどちらかというと走るより筋トレをしていたのですが、走り込みが少ないとやはりスタミナは切れるのかな、といろいろ反省していました。ゴールまでたどり着けるのかと不安を抱えながら33キロを超えたあたりで、もう一度トイレに行き、試しに走ってみたら、少し復活したのか何とか続けられそうになりエイドまで出来る限り走ってみようと決意しました。相変わらず足は前に出にくいですが、歩くことを少なくすることができました。あと6キロ、あと5キロと自分に言い聞かせて走りましたが、ラスト4キロの競技場までの登坂で心が切れそうになり、悲痛な思いで走り続けました。沿道で応援してくれる近所の方のあとちょっとだよ、がこころに沁みました。競技場に入ると家内の声が聞こえたのでそれを励みに競技場一周で5人ほど抜いてやりました。ゴール後いつものように倒れ込んでしまい、タイムは4時間34分29秒、目標の4時間半は切れなかったし、昨年よりも20分近く遅い記録でした。今回の結果を反省して今後どうするのかを考えました。まだマラソンは続けていきたいのですが、タイムが遅くなっていくのを年齢のせいにはしたくないので、トレーニング方法を考えて来年1月のみのかもハーフと3月の静岡フルに備えます。初レースの家内は10キロで56分というすばらしい記録でウキウキでした。この調子だと特に女性は長距離の方が記録が良いのでフルの記録は抜かれるのも時間の問題のようです。 つづく