2017年12月10日

友人が大勢ハワイでホノルルマラソンに参加したり、大垣でハーフマラソンに参加して盛り上がっている中、私はひっそりと静岡の袋井メロンマラソンに参加してきました。いびがわマラソンが終わってからあまり走る時間が作れなかったので、後半のスタミナ切れを防止するために新しい試みで少し筋トレをしてみましたが、目標は緩めの4時間半にしました。今回家内は応援だけでなく初レースで10キロのコースに参加することになり、どれくらいのタイムで走るか楽しみでした。袋井メロンマラソンは坂が多くコースがきついせいか、あまり人気がなく、知り合いは私が誘った後輩の前原君だけでした。睡眠は十分にとっていたのになぜかスタートから体が重く体調はあまりよくなさそうでした。朝食を食べたのに、スタミナ切れになったらまずいと現地についてカステラとバナナを食べてゼリーを飲んでドリンクを飲んだことが原因かもしれません。そのうち消化すれば治るだろうとあまり気にせずに走っていました。ペースはいつものようにキロ当たり5分20秒~30秒ぐらいの4時間切りペースでした。10キロあたりまでは何かとそのまま走りましたが、いつものようにスタート直前にトイレに行ったのに、いつものようにいきたくなりました。我慢しきれず16キロあたりで空いていたトイレに行きハーフまではペースを守っていましたがなぜかまたトイレに行きたくなり21キロ付近で2回目のトイレに行きました。ハーフのタイムは1時間58分ぐらい、何時ものようにぎりぎり4時間を切ることができるペースでした。ハーフを過ぎたころから体が重くなって、上り坂に差し掛かるとペースを守るのがかなりつらくなり、下りになると何とかペースを戻すという繰り返しになりました。しかし、それもだんだん辛くなってきて、体中にどっと疲れが溜まったようで、なかなか足が前に出なくなり、25キロ当たりの上り坂でついに歩いてしまいました。 つづく