住宅の価格について

  

  住宅の価格は、昔から坪単価というもので表されてきましたが、一般的に「坪」という広さを
 表す単位が使われなくなってから久しいのに、なぜか今でも住宅や土地の広さは坪で表され、
 住宅価格も坪いくらという表示になっています。実際にお客様の中で一坪の広さをイメージできる
 人はほとんどいないのに、変な慣習ですね。
  でも一般的にハウスメーカーや住宅会社が坪単価で表示しているのなら、それを使わなければ
 なりません。有名なところでは、タ○ホームさんの坪25万8千円でしょう。
 ただ、こと坪単価というものが大変な曲者で、住宅は価格が大きさに比例するものではないのに
 すべて同じ坪単価で表示する事はおかしいのです。

  例えば30坪の家と60坪の家があり、その坪単価が同じということになると、両方の家とも
 お風呂やキッチンは一つずつ、トイレはたいてい2つずつあります。水周りは特にコストがかかる
 ところなので、もしこの建物が同じ坪単価だったら60坪の住宅の方は、かなりグレードの高い
 水廻りを造る事ができることになります。
  まず坪単価は建物の大きさによって、かなり変わるものだということです。
 
  また同じくらいの大きさの住宅でも、平面の形状や仕様によって全く違うコストになります。
 例えば同じ床面積100㎡で天井高2.5mの住宅があったとします。一つは10m×10mの
 真四角 もう一つは4m×25mの長細い住宅だとすると、床面積は同じですが、壁の面積は
 真四角の方は100㎡ 細長い住宅は145㎡となり、当然金額も違います。

  また、もっと重要な事は、坪単価がどこまで含まれているか、各社違う、ということです。
 実際にかかる総額が、坪数×坪単価で表示されているところはほとんどなく、各社とも
 坪単価は、本体価格です、という表示になっています。
 その本体価格以外の費用を 付帯工事費という名称で表示していますが、その中には
 外部給排水工事、カーテン、カーテンレール、地盤改良工事、外構工事などが含まれますが、
 それらの内容が各社ばらばらなのです。

  照明器具や設計費用、申請費用、諸経費なども本体工事には含まれない場合が多く、
 付帯工事費の総額は、各社200万だったり800万だったり かなりの違いがあります。
  30坪で坪単価25万8千円だと774万円ですが、付帯工事費が200万だと総額974万円
 800万だと1574万円、全く違ってしまい、比べる事は不可能です。 

  平成建設ではお客様に分かりやすい価格提示をすべきだと考えています。
 他社と比較するお客様にもご提示したいので、一応坪単価は表示していますが、なるべく
 物件ごとに総額でご提示をするようにしています。

  価格についてはお気軽にお問合せください。

           自然素材と外断熱の家 「日々木」 の価格

           「平成の家」の価格