大治町 Y様邸新築工事

木造在来工法2階建て

設備の器具を設置し建物をクリーニングしました。
内部が見違えるようになりました。

内部のクロスが徐々に張れてきています。
現場の風景が一気にきれいに見えていきます。

内部はクロスのパテ処理を施工しています。
板材のジョイント部分全てにパテを塗ってヤスリで削って表面をきれいにします。

外壁のサイディング張りが完了しました。
写真では途中ですが樋吊りを施工しています。

内部の壁張りが始まっています。
壁が張り終わった部屋は建築物として見えていた風景を「家」に変えてくれます。

内部は床が張れました。
現状では養生がしてあるのでさっぱり見えませんが、
養生を取った時には一気にきれいに見えます。

外壁工事のサイディング張りも進んでいます。
玄関廻りとその他の部分では模様が替えてありいい感じに仕上がってきています。

天井裏に御幣を取り付けました。
上棟式から納めるまではお客様に保管して頂いていました。

建物内は天井を作っていきます。
下地を組んで、その上にプラスターボードを張っていきます。

ウレタン吹付け断熱を施工しました。
工事は順調に進みきれいに仕上げてもらいました。
この後は内は木工事、外は外壁工事が主体で進んでいきます。

開放的だった建物に防水紙を張り、ようやく雨風が防げるようになりました。
次にウレタン断熱吹付工事があるので内外共に下準備を進めていきます。

建物内は順調に進んでいっています。
建物内と同時進行で屋根も施工していきます。

dscn04092

上棟して落ち着いたら筋かい、構造用金物を取付、防蟻処理をしてサッシを取り付けていきます。
現状だとあまりに開放的なので早く防水紙で外周を塞いでしまいたいです。

dscn0230

いよいよ上棟です。
こんなに大きい物をレッカーの手を借りながら人の手で作り上げていく作業にいつもながら感動してます。

残りの鋼製束を取り付けてから、土台と大引きの間に断熱材を敷きました。
その上から構造用合板を並べました。
次はいよいよ上棟になります。

完成した基礎の上に土台を伏せていきました。
建物が大きいので時間がかかり、鋼製束がまだ施工出来ていません。

dscn9972

基礎の立ち上がりの型枠を解体して基礎工事が完了しました。
建物が出来上がるにつれて見えなくなっていく所ですが建物にとって重要な場面です。

dscn9879

基礎の立ち上がりの型枠を組んでコンクリートを打設しました。
最後に立ち上がりの天端を水平にする為のレベラーを流し込みます。

dscn9704

土間コンクリートを打設しました。
まず外周に流し込んで、その後に土間に打設していきます。

土間の鉄筋組みが完了しました。
次はコンクリートを打設していきます。

改良した地盤の上に防湿シートを敷きました。
この上に土間の鉄筋を組んでいきます。

表層改良が完了しました。
きれいに転圧、整地してあります。
建物の大きさが見えてきました。
次は基礎工事に着工します。

表層改良が始まりました。
固化材と現状地盤の土とを
撹拌して整地していきます。
順調に進んでいます。

境界コンクリートブロックを積み終わりました。
次の工事は地盤改良工事で表層改良を施工します。

道路との境界にコンクリートブロックを積み始めました。
職人さんがきれいに積んでくれています。

地鎮祭が完了しました。天気も良好で順調に
執り行なえました。

解体工事が完了しました。
終わってみるとすっかり景色が変わっていました。
次は地鎮祭を行い地盤の改良工事を始めます。

基礎を解体したらこんなにコンクリートが出てきました。
コンクリートの塊を残さないようにきれいにすき取ってもらいます。

隣の倉庫も解体してすっかり景色が変わりました。
上物は無くなりましたので次は基礎の解体にかかります。

分別作業が進んでいるんですが写真ではなかなか進んでるように見えませんね。
現場で見ているとかなり分別が進んでいます。

建物は完全に無くなりました。
残っているのは土の中の基礎だけになりました。
これから手作業で廃材を分別していきます。

二階建ての建物がすっかり無くなってしまいました。
あと残っているのは写真右側の壁だけです。
重機の力はすごいです。

解体工事2日目です。
もう屋根も無くなり建物として使用するには難しい状況になっています。
重機がどんどん解体しています。

dscn9054

新しい現場が始まりました。
既設の建物の解体から始まります。
別の建物と一部くっついているので注意して壊していきます。