e983bde7af89e38195e382932
e983bde7af89e38195e38293e38080e58699e79c9f3

【福井の旅】その3

6月に入り蒸し暑さとともに梅雨の季節となりました。ここ2、3日朝夕は涼しく爽やかですが、このお便りが届く頃は入梅宣言も発表され梅雨本番というところでしょうか・・・ さて、前回に続き福井の旅のお話3回目です。初日午後は永平寺を参拝し当日のお宿『樽海』(たるみ)さんへと向かいました。越前といえば越前ガニ、今回の旅行の第一の目的は丸岡城ですが第二の目的は越前ガニをたらふく食すことでした(*^_^*)。越前ガニはご存知の通りズワイガニの雄のことで、山陰地方で水揚げされるものは松葉ガニと呼ばれます。また、期間限定で獲ることができる雌のズワイガニはこれも地域によってセイコガニ、セコガニ、親ガニ、コウバコガニと呼び方が違っています。『樽海』さんはNETで調べて決めたのですが、これが大当たりでしてコスパは最高でした。建物はけして新しくはなくどちらかというと古びた感じですが内装はきれいにリフォームされていて小奇麗な感じで何より部屋の下は直ぐに海岸が広がり北陸に来た~って感じです。料理はカニ刺しと焼きガニのコースをいただきました。写真の茹でガニが一人1ぱいずつ付いてもう1ぱいを二人分の焼きガニとカニ刺しにして出して頂けます。さらに写真のお刺身付です。お店には生簀がありますのでイカもヒラメもさっきまで泳いでいたものなので超新鮮でメッチャ美味です。そして何より一人1ぱいの茹でガニ、これがまたでかいこと!当然腕には越前ガニの証であるタグが光ってます。実もぎっしり詰まっていて今まで食したズワイガニの中で最高の味でした。お決まりの甲羅酒もいただき、カミさんと二人で1パイで満腹、もう1ぱいはお土産としてお持ち帰りしました。ちなみに3月中旬のシーズン終盤におじゃますると今回のようにでかいカニがいただけるそうです。