屋根のガルバリウム鋼鈑工事


屋根にガルバリウム鋼鈑を葺きました。

水上から水下まで横の継ぎ目がないので縦ジョイントさえ
きちんと工事すれば雨漏りの心配がありません。


片流れ屋根なので一直線の屋根材になります。


この上に太陽光発電パネルが掲載されます。

ベランダ防水工事


ベランダの防水工事を行いました


鉄板防水というもので 錆びない鉄板を貼り付けていきます


仕上がりはこのようにきれいなグレーの色になります

唐臼の家 造作工事開始


大工さんが行う 内部の造作工事を開始しました


基礎と土台の間には隙間をなくすために断熱材を注入しました


イシンホームの家なので柱にはすべて
「イシンホーム」のステッカーが貼ってあります


このステッカーはすべて道路側の面に貼ってあり
こちらから見わたすと壮観です

晴天の日 建て方完了

レッカー車を使って本格的に建て方を行いました。


まず柱を建てていきました。


レッカー車で梁を吊り上げて組み立てていきました。


二階の柱が建った段階を外部から見たところです。


大工さんは高いところでも平気です。


屋根の下地を組み立てていきました。


屋根に熱を反射させるシートを貼りました。


柱には「高級国産桧」というステッカーが貼ってあります。


見事に骨組みが組み立てられました。


屋根の中に空気が通る通気層を設置しました。

建て方 柱1本


柱一本の建て方をしました。
この柱を建てました。
日柄が良いのでこの日を上棟日にしたという理由です。


国産最高級ヒノキ柱と書いてあります。


角の柱を建てて養生しました。

足場の上から見たところです。

土台取り付け工事

基礎の上に土台を取り付けました。


これの金物が地震のときに建物の揺れを小さくする減震装置です


土台を取り付けて床下地を組み
床の構造用合板を貼っていきました。


このように床を造って行きました。
これで雨が降っても大丈夫な様に養生して
上棟を迎えることができます。

基礎完成 床下配管


基礎工事が完成しました


土台を取り付けるボルトが正確に入れられています


床下に給排水の配管工事や床下暖房になる
床暖冬涼夏の配管と取り付け工事をします


配管はヘッダー工法になります


床下がゴチャゴチャにならないように計画して配管しました

立ち上がり型枠組


立ち上がりの型枠を組みました


ベースコンクリートの上に正確に組まれています

断熱基礎のため外周周りは断熱材を打ち込んでいます


配管が通るところはパイプを入れてあります

ベースコンクリート打設


ベースコンクリートを打設しました
このポンプ車にコンクリートミキサー車から
生コンクリートを入れるわけです


コンクリートを流し込み終了しました


生コンクリートが乾く前に表面をきれいに均して仕上げていきます

基礎ベース配筋工事

基礎のベース配筋工事を行いました

このように見るときれいに配筋されているのがわかります

猿田彦神社の砂を真ん中に埋めました

鉄筋の太さは13mmできちんと組まれています


補強筋もきちんと入れてあります