地盤改良

こんにちは(^^♪
平成建設 工事担当の都築です。
先々週サボって1回だったので先週3回頑張ります~
と宣言したのに1回しか更新できなかったので
今週は4回です~(^_^;)

さて、今回のお題は地盤改良についてです。
建物は通常地面の上に建ちます。
この地盤が極端な話、田んぼのように軟弱だと
建物の重みで沈んだり
片方だけ沈んで(不同沈下)傾いたりします。
また地震のときに土壌が液状化になり
最悪の場合、倒壊の恐れもあります。
こういったこの無いように
最近では必ず事前に地盤調査をします。

調査結果が良くないと建物の基礎と
しっかりした地盤をつなぐ為に
何らかの方法で地盤を改良します。

住宅では主な方法として
表層改良、柱状改良、鋼管杭があります。

表層改良は軟弱な層が浅い場合に
地面から1~2メートの深さの土に
セメント系の固化材を混ぜて締め固めて
頑丈な層を形成します。

柱状改良は直径50センチ前後の大きなドリルで
丈夫な地盤に届くまで穴を開け
同じくセメント系の固化材と水を混ぜ
ミルク状にしたものと土と混ぜたもので
柱を作り基礎を支えます。

また同様に大きなドリルで穴を空けた後
水を混ぜずに固化材と土を直接混ぜて
ドリルを逆転させて締め固めながら
引き抜いて柱をつくる乾式の工法もあります。

鋼管杭は軟弱な地盤が深い場合や
廻りに土圧を掛けたくないときに
直径10センチ以上の鋼管を
丈夫な地盤まで穴を開けて埋め込む方法です。

いずれにしても大切なお家が
傾いてしまってはたいへんですので
きちんと調査して適切な対策を施すことが大切です。

ラブレター

こんにちは(^^♪
平成建設 工事担当の都築です。
先々週サボって1回だったので先週3回頑張ります~
と宣言したのに1回しか更新できなかったので
今週は4回です~(^_^;)

さて、今回のお題はラブレターです。
今から10年ちょっと前に
空き地だったに我が家の向かいに
某ハウスメーカーの住宅が建ちました。
寄棟の瓦屋根には一体型の太陽光パネルが設置され
外壁にはボーダータイルが貼られた素敵なお家です。
どんな方が住まわれるのかなと思っていると
赤ちゃんを抱っこした若いご夫婦が
挨拶にいらっしゃいました。

それからご近所付き合いがはじまりました。
抱っこされていた赤ちゃんはご長男で
その後長女、次女が誕生しました。
特に二人の女の子は良く懐いてくれて
ちょくちょく遊んでもらいます。

昨日帰宅すると机の上に
折りたたまれた黄色い色紙がありました。
家内が○子ちゃん(次女)から
ラブレターがきてるよって(^_^;)

解読するのに少々苦労しましたが
年中さんにしてはたいしたものです。
「つ」とか「け」や「た」が
左右逆になっているのはご愛嬌ですね。

私はあまり記憶にないのですが
我が家の子供たちも最初の頃は
同じように逆に書いていたとのことでした。

ラブレターは何時もらってもうれしいです~

サッカー

こんにちは(^^♪
平成建設 工事担当の都築です。
先々週サボって1回だったので先週3回頑張ります~
と宣言したのに1回しか更新できなかったので
今週は4回です~(^_^;)

さて、今回のお題はサッカーです。
小生には27歳と30歳の息子がおります。
(おかげさまで二人とも結婚しています。)
ちょうど彼らが物心がついたころに
日本のプロサッカーJ-leagueがスタートしたこともあり
二人とも小学生の頃からサッカーをやっています。
小中学生の頃は地元のクラブチームで
高校大学ではそれぞれ部活で頑張ってきました。

自分で移動できない頃は練習の送り迎えや
遠征のお供をさせて頂きました。
大学生になるころには親としてというより
一サッカーファンとして試合観戦に出かけるようになりました。

そして社会人になった今でも
地元の同じクラブチームで頑張っています。
何と、このチームには
最大で4組の兄弟が所属していました。
おかげさまで県の一部リーグをなんとか維持しています。

先日もリーグの公式戦があり観戦に行ってきました。
次男は春先に大きな怪我をして現在リハビリ中ですが
長男は前半はセンターバック
後半はボランチで頑張ってました。

結果は4-0の快勝でした。
雨天の中の試合でしたが
楽しませてもらいました。(笑)

金木犀

こんにちは(^^♪
平成建設 工事担当の都築です。
先々週サボって1回だったので先週3回頑張ります~
と宣言したのに1回しか更新できなかったので
今週は4回です~(^_^;)

さて、今回のお題は金木犀です。
ついこの間まで暑かったのに
いつの間にか肌寒い季節になりました。

先日、事務所の外へ出ると
小生の大好きな香が・・・
そうです、この季節に咲く金木犀の香です。
毎年この花が咲くと
秋本番ですよ~
これから紅葉の季節ですよ~
って教えてくれます。

そういえば我が家の庭にも金木犀の木があったのを思い出し
先週末に確認すると
まさに満開状態でした。

この間アサガオを見たときには咲く気配もなかったのに
植物ってたいしたもんですね!
ちゃんと時期が来ると顔を見せてくれます。

花言葉は「謙虚」「気高い人」だそうです。
あの香と控えめな小さな花びら
そして何ともいえないオレンジがかった鮮やかな黄色の花。
まさにぴったりの花言葉ですね。

この雨で散っちゃうと思うと
かわいそうで、せつなくて・・・

庭のアサガオ

こんにちは(^^♪
平成建設 工事担当の都築です。
先週サボって1回だったので今週3回
頑張ります~(^_^;)

さて、今回のお題はアサガオです。
我が家は築30年になります。
狭いながらも庭があります。
和室の前は石と灯篭を置いて和風の庭になっていて
残り半分はウッドデッキと天然芝です。
最初の頃は庭師さんにお願いしていましたが
そのうち頼まなくなり松や槙が伸び放題に・・・
最近は自分で適当に剪定してます(^_^;)

芝生もしばらく草取りをサボっていた時期があり
草だらけになりましたが頑張ってこまめに草取りして
復活したのですが今年もチョッとサボったら
草のほうが優勢に・・・

昨日も芝VS草の戦況を観に庭に出たら
ちょっぴり季節遅れ?のアサガオ咲いていました。
(アサガオの季語は秋だそうです)


二三年前に日よけにとプランターに植えていたときに
こぼれた種から芽吹いたものです。
元気に樋の近くまで上って行ってました(^_^)v
U字構に溜まった土から這い上がってきたアサガオに
なんだか癒されました。

芝生のほうは雑草のほうが優勢でした(汗;)

博物館明治村 その弐

こんにちは(^^♪
平成建設 工事担当の都築です。
週2回ペースを目標に今のところ何とか頑張ってます~

さて、今回のお題は明治村その弐です。
二回目の今回はSLです。
駐車場のある北門から入場して階段を下りると
最初に迎えてくれるのがSL東京駅です。
5丁目にあるこの駅と4丁目にあるSL名古屋駅の間を
本物のSLが蒸気を上げて往復しています。
もちろん乗車賃を払えば客車に乗ることができます。

そのSLは
明治のはじめ、煙をあげて走る蒸気機関車を「陸蒸気」と呼んだ。
明治村の「なごや」駅と「とうきゃう」駅の間を
連日走行している機関車は2両ある。
そのうちの一両、蒸気機関車12号は鉄道開業の2年後
1874(明治7)年イギリスから輸入されたものである。
輸入当初の車輌番号は23、新橋―横浜間を走り
明治42年の車輌の改番で165となり、明治44年に
尾西鉄道に払い下げられ、12号となった。
尾西鉄道と名古屋鉄道が合併した後も、番号はそのまま引き継がれ
昭和32年まで使用されていた。
というものです。(博物館明治村ホームページより)

見所は終点の各駅にある転車台(ターンテーブル)です。
機関車は電車のように後ろ向きには走れませんので
客車を牽引する機関車の向きを換える必要があります。
そこで登場するのが転車台です。


客車から機関車を切離し転車台の上にので
台を180度回転させて向きを換えて
客車を追い越して再び先頭に連結します。

人力で回転させる様はなかなか趣き深いものです。

次回は帝国ホテルの予定です。

病院のはしご

さて、今回のお題は代休の一日です。
一昨日の水曜日に代休をいただいて
病院のはしごをしてまいりました。

先ずは歯医者さん。
左上奥歯の詰め物(インレー)が数週間前から
取れかけていたのでいつもお世話になっている
歯科医院へ行ってきました。
この歯医者さんは息子さんが同級生ということもあり
学生時代にアルバイトをさせて頂いてました。
数年前までは同級の先生とお父さん先生と
二人で診療していらっしゃいましたが
最近は息子さんオンリー。
ちなみに虫歯になったところを削って
金属を模って詰めるのがインレーで
心棒(コア)を入れて廻りの歯と一緒に整形して
土台を作り外回りに被せるのがクラウンです。

外れたインレーがそのまま使えるってことで
スーパーボンドで再接着してついでに
歯石を取ってもらって完了(^_^)v

お次は耳鼻咽喉科です。
ここのところたまに声がかすれたり
弁当の冷や飯が少し飲み込み辛い感覚があるので
悪い病気じゃないかと心配で診てもらいました。
何せ喫煙者なもので・・・(^_^;)
近所の開業医ですがとても流行っていまして
なかなか予約が取れないような状況ですが
事前にネット予約しておいたので
20分ほど待っていざ診察。

症状をお話したら何と最新兵器の
ファイバースコープ(内視鏡)でチェック。
腫瘍らしきものもなくきれいです
の言葉に一安心。
痰の切れやすいお薬を吸引して完了(^_^)v

歯も治って喉の心配もなくなり
夜は約束していた次男夫婦と焼肉でした。

ロースとハラミ

タンハツ、ミノ、ホルモン、テッチャン

焼きしゃぶ

食べすぎちゃいました(^_^;)
今度は消化器科か~

道端の花_その弐

こんにちは(^^♪
平成建設 工事担当の都築です。
週2回ペースを目標に今のところ何とか頑張ってます~

さて、今回のお題は明治村その弐のはずでしたが
ちょっと変更しまして道端の花_その弐とします。

昨日、一昨日と碧南市にて完成見学会をさせて頂きました。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
両日とも私は住まいが知多市ということで
自宅から直行させていただきました。
その道中、常滑市の矢田川沿いの彼岸花が満開でしたので
思わず写真を撮ってしまいました。

この近辺ではあちこで彼岸花の群生がみられます。
半田市の新美南吉記念館の近くの矢勝川が有名なところで
約300万本の彼岸花が咲き乱れています。

いずれもボランティアの方々が
球根を植えたり開花前に雑草を刈ったりと
手間隙かけていただいたご苦労があっての
この見事な眺めだと思います。
-感謝-

彼岸花は百恵ちゃんの歌にもありますように
曼珠沙華とも呼ばれていますがその球根には毒性があり
死人花、地獄花、幽霊花、剃刀花、狐花、捨子花といった
不吉な名前も付けられているようです。
ちなみに花言葉は
「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」「転生」
「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」
だそうです。

博物館明治村その壱

こんにちは(^^♪
平成建設 工事担当の都築です。
週2回ペースを目標に今のところ何とか頑張ってます~
今週もぎりぎり達成(^_^;)

さて、今回のお題は明治村その壱です。
今週月曜日、台風一過の青空の下
明治村に行ってまいりました。
我が家は男二人の子供だった為
出かけるのはアウトドア系が多く
また、小学校からは二人ともサッカー漬けで
休日はまず試合か遠征だったので
こういった施設へ出かけることは殆どなく
初めての明治村訪問でした。

1回目は博物館明治村の概要です。
行ってみてビックリ!!
何と広いこと(^_^;)
入鹿池沿いにあるその敷地は
1丁目から5丁目まであり
正門から駐車場のある北門までは
徒歩で20分ほどかかります。

開村のきっかけは

明治時代は、我が国が門戸を世界に開いて欧米の文物と制度を取り入れ
それを同化して近代日本の基盤を築いた時代で
飛鳥・奈良と並んで、我が国の文化史上極めて重要な位置を占めている。
明治建築も従って江戸時代から継承した優れた木造建築の伝統と蓄積の上に
新たに欧米の様式・技術・材料を取り入れ、石造・煉瓦造の洋風建築を導入し
産業革命の進行に伴って鉄・セメント・ガラスを用いる近代建築の素地を築いた。
これらの建築のうち、芸術上、歴史上価値あるものも
震災・戦災などで多く失われ、ことに戦後の産業の高度成長によって生じた
大小の公私開発事業により、少なからず姿を消していった。
取り壊されてゆくこれらの文化財を惜しんで、その保存を計るため
今は二人とも故人となられたが旧制第四高等学校同窓生であった
谷口吉郎博士(博物館明治村初代館長)と
土川元夫氏(元名古屋鉄道株式会社会長)とが
共に語り合い、二人の協力のもとに明治村が創設されたのである。

博物館明治村ホームページより

ということで次回からは各建物のご案内をしたいと思います。

道端の花

こんにちは(^^♪
平成建設 工事担当の都築です。
週2回ペースを目標に今のところ何とか頑張ってます~
今週は月曜日が旗日でしたのでちょっと遅れました(^_^;)

さて、今回のお題は道端のお花です。
小生の住まいは知多市です。
通勤は電車を利用しています。
最寄の駅は名鉄の大野町駅です。
6時20分発の急行に会社のある栄生駅まで乗車しますが
急行とはいえ途中太田川から神宮前までは
各駅停車となり神宮前からまた急行になります。
乗換えが面倒ですのでそのまま乗ってきていますので
乗車時間だけで1時間近くになります。

栄生駅から車有車の停めてあるところまで
新幹線、JR、名鉄の線路沿い(高架下)を10分弱歩きます。

この時期なると高架下の道端に毎年オシロイバナが咲きます。
緑にピンクの色が映えとてもきれいです。
オシロイバナは中南米が原産の多年草ですが日本では一年草として扱われ
丈夫で繁殖力が強いことから、広く野生化しています。

種から採れる白い粉が、おしろいの代用に使われていたことから
オシロイバナという名がついたそうで
子供の頃よく潰して顔に塗って遊んだ覚えがあります。
が、草全体特に根や種にはトリゴネリンという毒があり
誤って口に入れてしまうと、嘔吐や腹痛、下痢といった
中毒症状を起こす危険性が有るそうなので気をつけましょう。

春には道端ではありませんが
プランターに植えられたすずらんの花も楽しみです。

少しの間ですがこういった花にも
ちょっぴり癒されます。