しつけと体罰

来年4月に施行される改正児童虐待防止法で 親による体罰が

禁止されました

しつけと体罰の違いを明記してあり「長時間の正座」「夕食を

与えない」などは体罰に当たるとする内容だとされています

「たとえ親がしつけのためだと思っても 子供の身体に何らかの

苦痛を引き起こす行為は どんなに軽くても体罰である」と定義

されていて「宿題をしなかったので夕飯を与えない」

「他人のものを盗んだので罰として尻をたたいた」などは

体罰に当たる と定義されています

これに対しては反対意見もかなりあるようで これでは子供の

教育ができないという意見が多いようです

私も自分が小さい時に先生に叩かれた事が多かったし 子供が

小さい時にはお尻を叩いた事もあります

重要なのは子供に対して愛情を持っているかどうかだと

思うので このように一律で決めてしまうのは違和感を感じます

多分誰もがそう思っていると思いますが 一部のおかしな親の

ためにこのようなことが決められてしまうのですね

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

バナー←あなたのワンクリックお願いします

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから