建築基準法について

建物を造るにはさまざまな法律で規制があり それに適して

いるものを設計してその通りに造る必要があります

その法律の中でも一番関連例が高いものが建築基準法と

呼ばれるものです

土地に関してどんな大きさのものをどのように建てることが

できるのか 材料はどのようなものを使うのか 断熱や換気の

ことなどなど 細かいところまできちんと決められています

そのため この場所で建てられたものと同じものを 違う場所

では建てられなかったり 価格が違ったりすることがあるの

です

今年も建築基準法の中でいくつか改正があるので それらを

いつも注意して理解していなければなりません

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

バナー←あなたのワンクリックお願いします

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから