工事現場の事故

和歌山県の工事現場で足場組み立てに使う鉄パイプが落下して

通行人が死亡したという事故がありました

大変痛ましくて驚いた事故ですが 工事現場に携わる私たちの

経験だと普段からでもいつ起こるかわからない事件だという

ことが実感できます

足場の組み立てや解体は人力で行うことがほとんどなので

工事の管理者がいくら注意していても 通常の作業だと職人が

手を滑らせた時点で落下してしまうことは事実なのです

落下しても問題がないように落下が予想できる場所を立ち入り

禁止にするとか解体するパイプに一つ一つロープを縛り付ける

だとかの特別な処置をきちんと決める必要があります

私たちも肝に銘じて安全管理をしていく必要があります

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

バナー←あなたのワンクリックお願いします

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから