トリエンナーレで座り込み

中止になった国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」がまた

再開することになり 河村たかし市長は抗議の座り込みを行うと

言われたそうです

河村たかし市長は先日開催経費の市負担分の一部を支払わない

と言っていました

検閲や忖度で展示できなかったり撤去されたりした作品を集めて

展示することに何の意味があるかという議論はありますが

どんどん泥沼化していきそうな問題になってきました

この先どんな結末になるかよく分からなくなってきて こんな

ことで揉めるのなら もっと名古屋市と愛知県の重要な問題で

揉めてほしいなとつくづく感じてしまいます

きちんと話し合わずにどんどん推し進めるからこんな風に

なってしまうのでしょう

市長が座り込みをしても解決に向かうとは思えません

根回しというやり方は必要なのでしょうね

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから