千葉県の台風被害

千葉県の大風被害の現状の報道を見ると大変心が痛みます

屋根が破壊されて直す事ができず 雨漏りし放題の映像が

流れていると 住宅建築に携わるものにとって よい住宅とは

何かを考えさせられます

瓦屋根の住まいは重量があるので台風などの風害には強いと

言われてきましたが そうでもない 板金屋根の方が風で破壊

されにくいとか 停電が続くとどうなるかや バリアフリーで

アプローチには段差がない住まいにすると 床上浸水になり

やすい等 様々な注意点を勉強しました

まず 破壊された屋根の養生をするためにブルーシートを

掛けていますが 瓦屋根のほとんどは留める事ができないので

土嚢袋を乗せたり紐で抑えたりしてありました

強い風が来るとブルーシートも飛ばされそうな感じなので

養生のしやすさも重要だということがわかってきます

雨がだらだら漏る家には当然ながら住めません

ゴルフ練習場の鉄塔が倒れた住まいは現在全く直せないようで

悲惨な状況が報道されています

それらを加味した住まいを提案していくように務めていきます

  名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

バナー←あなたのワンクリックお願いします

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから