橋下氏の意見

「あいちトリエンナーレ2019」の一環として公開されていた

「表現の不自由展・その後」という展示は 河村たかし名古屋

市長や現役閣僚を含む各方面からの批判を受け 公開中止に

なりました

芸術に政治が介入するのはおかしいという意見があったり 大村

愛知県知事の責任問題も言われていて 今後どうなるかわから

なくなってきています

評論家がいろいろな意見を書いていますが そんな中 橋下徹氏が

「津田大介さんはどこで間違ったか」という話を書いていて

なるほど納得できるなと思いました

「政治行政は介入するな」と憤る者は芸術を名乗るヘイトを許せる

のか?という観点で書かれていてよくわかりました

やはり対立する双方の立場で考えていかないとこのようなイベントの

成功にはならないということですね

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

バナー←あなたのワンクリックお願いします

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから