マンション経営の恐怖

建築基準法に適していない工事をしていたレオパレス21が

危機的な状況になっているとの報道がありました

レオパレス21は入居者の管理のサブリースを行っていて

それがかなりの収益になっていたとのことです

入居率がおちても オーナーとの契約で取り決めの8割程度は

支払わないといけないので 今回の問題によって評判が落ちると

逆ザヤになってしまうということです

そうなるとオーナーに支払うはずの金額を値下げしてしまう

ことになりますが 銀行ローンは当初のままの金額なので

困るのはオーナーになるわけです

最近平成建設の事務所がある中村区ではリニアの駅ができる

影響か 小さめのワンルームマンションがどんどん建てられて

います

ワンルームマンション専門の会社の○○○ンの他 レオパレス

21の問題を起こした社長が退社してから作った会社もどん

どん建築していてオーナーを募集しています

マンション経営は大きな借り入れをして始めるもので 将来

どうなるかを見越して行わなければなりません

将来後悔しないように慎重に取り組みたいですね

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから