国立大学の禁煙

九州の国立大学の長崎大と大分大が今年の4月教職員の採用で
「喫煙者を対象としない」などとする方針を打ち出したそうです
長崎大の約4千人の教職員の中で 昨年8月時点の喫煙者率は
約8%だそうで全員禁煙を達成するために今後 学内での喫煙
環境を完全に排除すると発表しています
喫煙は良くないので禁煙の大学にするというポリシーが明確に
なっていて分かりやすいですが 国立大学というところが引っか
かります
喫煙者はこのような大学を選ばなければ良いという主張だと
思いますが 国自身が喫煙を認めているのに国立大学がここまで
禁煙を打ち出して良いのかと感じてしまいます
国が喫煙することを否定しているように感じられますから

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

バナー←あなたのワンクリックお願いします

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから