アメリカンドリーム

大坂なおみ選手の小さい頃の元コーチが コーチ料を支払って
貰っていないと 訴えを起こしたという記事が載っていました
コーチしていた頃は報酬がもらえなかったので 賞金の20
パーセントを永久にもらうことができる契約を結んだとか
いうものです

もし本当にそんな契約をしていたら ずっと報酬を支払い
続けなければならないので大変なことです
アメリカという国は訴訟社会だといわれていますが 本当に
何でもありなのですね
どんなことでも費用さえ払えば訴訟をすることができるので
一攫千金を狙って架空のストーリーを作り上げる人も多いと
聞きます

まさに昔移民の人たちがアメリカ本土にわたりアメリカン
ドリームを夢見て 一山当ててやろう という気持ちと同じ
ことのようですね
大坂なおみの訴訟の結果 傍観者として楽しみたいと思います

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから