建設会社のトラブル

少し前にあったレオパレス21の建築基準法違反問題についで

今度は賃貸住宅建設大手の大東建託が募集するアパートの

オーナーとの契約でまた トラブルになっているとの記事が

ありました

大東建託は 地主とアパートを造る契約をして 何らかの理由で

キャンセルになった時に契約金を返さなかったようです

地主は高齢者が多く 営業マンとの話で契約をしてしまった

のですが その後親族がそれを知って解約を申し出るのですが

契約金を返さないと約款に書いてあるので返さない という

話になるようです

しかし契約金は工事金の2%~5%ほどのケースが多かった

そうで工事金が1億とすると200~1000万で 返さない

という話では大変なトラブルになります

会社側の言い分だと契約するまでに営業マンが人件費を

使っているし 図面や書類を作成する費用を使っているので

返すわけにはいかないという考えは私たち建築屋にとっては

よくわかりますが お客様の立場だと大変困ることになります

クーリングオフという制度もあるし これ以上建築関係の

会社の評判が悪くならないようにしてほしいです

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから