暖房のスイッチはこまめに切ったほうがいい?

エアコンのスイッチはどのように使うのが良いか 付けっ放しが
良いのか こまめなオン・オフするのが良いのかと よく
議論されてきました
冷房と暖房では異なるとの実験結果が出た とネットに記載が
ありました

暖房はこまめにON/OFFが節電になる 画結論のようです
関西電力研究開発室の村上洋介さんと トータルシステム研究
所の北原博幸さんが「家庭用エアコンの連続運転と間欠運転の
省エネ性比較」について調査しています
結果だけ書くと
外部気温7℃のときに設定温度18℃にして室温安定後に、
暖房を(A)120分連続運転、
(B)30分停止後90分運転、
(C)60分停止後60分運転の3パターンで稼働させその室温
消費電力の変化2時間の総消費電力量を比較する実験を行った
のです

(C)60分停止後60分運転したパターンが最も消費電力が
少なく連続運転に比べて30~40%少なくなりました
また室温は(B)30分停止(C)60分停止ともに3℃程度
下がりエアコン再起動後に設定温度になる時間は約5分でした
つまり2時間の消費電力量を考えるとスイッチはつけっぱなし
にするよりもこまめにオン・オフしたほうが省エネになる
のです

ちなみに冷房で同じ実験をしたところ 連続運転の方が途中で
スイッチをオン・オフするより消費電力は少なくなりました
ということで 夏と冬ではエアコンの使い方を変えたほうが
省エネになるとの結論のようです

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

バナー←あなたのワンクリックお願いします

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから