やどかり族という住まい方

住まいに関して 持ち家か賃貸か という議論が以前から

あります

これに関しては様々な見方があるので一言で片付けることは

できませんが 私たち住宅業者にとっては持ち家は良いですよ

と考えています

そんな中で持ち家を売却して住み替えるという「やどかり族」

の考え方があるそうです

特に関東方面であるそうですが 生活スタイルに合わせて

10年周期ぐらいで買い換えて住み替えるというものです

関東だと物件によっては購入時より値が上がるものがある

そうで うまく買い換えると資産が増えていくということに

なるそうです

マンションが多いそうですが 物件によっては一戸建てでも

あるそうです

それには立地が良いということが一番で 価値がある不動産

でないといけません

これからの住まいはローコストというよりも10年後

20年後でも価値がある物件を造る事が重要だということ

なのでしょうね

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから