大塚家具の現状

経営が悪化している大塚家具で 大塚久美子社長の退陣要求が

なされているようですが それをしているのが かつて久美子

社長が父・勝久氏の反対を押し切って、三顧の礼で迎え入れた

社外取締役だということです

一橋大学で教鞭をとっていた阿久津聡氏や弁護士の長沢美智子氏

といった社外取締役が久美子社長を引きずりおろそうとして

いるようです

久美子社長は何とか会社を再建しようと様々な案を取締役会で

提案しているんですが 退陣要求をされて役員会が空転している

とのことです

オーナー社長でも業績がよくないとこうなってしまう という

典型的な例なのでしょう

会社経営の難しさを示してくれている例だと思います

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから