積水ハウスの55億円事件

積水ハウスから土地代金を55億円騙し取った地面師と呼ば
れるグループが逮捕されました

土地の売買は昔からこのようなことがあると言われてきま
したが 久しぶりに大きな金額の事案が表にでました

凄いなと感じるところは 積水ハウスが本物の土地所有者
側から詐欺を警告する通知を受けていたにもかかわらず
それを「怪文書の類い」と判断して 犯人側を信用したと
いうことです

これほどの大きな額の詐欺犯罪が今の時代に超大手の会社
相手にできてしまう事が理解しにくいです

しかし 素顔をさらしての犯行なので うまく売買できても
その後逃げ通して また騙し取ったお金を使って生活する
事ができるかというと疑問に感じます

結局海外に逃げて隠れながら生活することしかできないと
お金を騙し取っても幸せになれない ということになると
思います

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから