井上尚弥の強さ

WBA世界バンタム級王者の井上尚弥が 元WBA同級スーパー

王者のフアン・カルロス・パヤノを衝撃の1回70秒KOで

あっというまに秒殺してしまって驚きの強さを見せて

くれました

hxPUnUD

デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばしました

あれほど強いと勝ち続けてさまざまな記録を作るのも

時間の問題だと思っていましたが そういうわけにはいか

ないようです

井上尚弥のようにあまりにも強すぎると 試合をしてくれる

対戦相手がいないということだそうです

ボクシングは試合に勝ち続ければ 必ず世界チャンピオンに

なれて その後も組まれる試合に勝ち続ければ連続防衛記録を

積み重ねることができると思っていました

しかし 実際にはそういうわけではないようで チャンピオンに

なると 対戦相手を探してその試合をすることで発生するファイト

マネーに相手が了承して初めて試合が成立するということの

ようです

せっかく連勝を続けてきて このままでいくとチャンピオンに

なれるかもしれない選手が井上尚弥のような選手と当たると

勝てばチャンピオンになって注目されますが 負けるとその後

のボクシング人生に傷を残すことになるので 試合をやりたく

ないということになるようです

これが 大人の事情というものだと思いますが ピュアにボク

シングに取り組んでいる選手からすると しっくり来ない感じが

することも事実ではないかと思います

採点にもいろいろ噂がありますが スポーツを行う意義から

逸脱しないようにしたいと感じます

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから