しろいろの街の、その骨の体温の

「しろいろの街の、その骨の体温の」を読みました

薦められなくては読まない本でしたが 大変ショッキングな

内容でした

新規JPEGイメージ (2)

読み終わるとなんともいえない 後味の悪さが残る本でした

幼少期のころの気持を描いているのですが 一般的には

爽やかで甘酸っぱい青春の香りがするように描くのですが

全くそれとは正反対で ドロドロとして気味が悪いほどの

女子の世界を描いてありました

しかし 誰もが幼少期爽やかで甘酸っぱい青春というより

ねたみや嫉みが多かれ少なかれあって その中で葛藤しながら

成長して大人になってきたのではないかと感じました

だからこそ 誰もが少しはこんな気持ちを持ったことがある

からこそ 読み終わって後味が悪くなるのかもしれないです

特に女性は 少しは懐かしさを感じるのかも知れないです

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

バナー←あなたのワンクリックお願いします

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから