映像は真実だった!

吉澤ひとみ容疑者の事故映像がドラレコに映っていてそれが

公表されました

信号無視の上かなりのスピードで横断歩道に入り 自転車を

轢いて歩行者も巻き込んでいる姿がはっきりと映されて

いました

映像gは

聞いていた情報よりもかなり大きな事故だったと感じる

映像でした

また 事故後 駐車スペースを探していたけど なかなか見つ

からなかったので現場に戻るのが遅れた という言い訳も

現状と合わない事がハッキリしました

事故の記事だけ読んでいると そんなに大した事故ではない

かなとか 自転車を壊された被害者は 弁償してもらおうと

ツイッターで呟いていたと批判されたいましたが 映像を

見るとそんなレベルの事故ではないということが見て取れ

ました

先日の宮川選手のビンタでもそうだったように 映像が

あるかないかで客観的な印象が全く変わるということが

よくわかります

昔は本を読んでイメージを膨らませることが豊かな感性を

作り上げる と言われましたが これだけ映像を残す技術が

発達してくると文字ではなく映像こそが真実だと言われて

いる気がします

その 変化も理解していかなければならないと しみじみ

感じた映像でした

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから