イタリアの橋 崩落!

8月14日イタリア北西部のジェノバで高架橋が崩落して

通行中の車 数十台が巻き込まれた事故がありました

_102974719_048671172

少なくとも37人が死亡したようで16人が負傷 行方不明

者は4~12人と発表されていました

崩れた瓦礫の下には車が挟まった映像がありましたが 逃げ

惑う人も映っていて まだ何人も行方不明者がいるようです

原因は強度不足の可能性があると言われていて 築50年以上

と見られ 画像を見る限り 鉄筋コンクリート製だと感じ

られます

建築物は定期的な検査とメンテナンスが必要で それらが

きちんと行われていなかったという原因のようです

しかし 鉄筋コンクリートの建物の検査は大変難しく どれ位

強度が不足しているか どの程度の負荷で破損するのか の

判断は専門家でも難しいとされています

新しく設計する時は 斬新でカッコ良く目新しいものにしたいし

その中でもコストを抑えるということが必要になります

強度に関してついぎりぎりの数値を狙うことになります

私たち住宅業界でも同じことが言えて 広い部屋にしたいとか

かっこいい空間にしたい その上で予算は抑えたい とのご要望

に答えようとすると 強度的には数値ぎりぎりを狙うことに

なります

例えば 地盤がある程度の強度を持っていても 念のために補強

してその堅固な地盤の上に建てましょう という設計は昔はあり

ましたが 最近はほとんど無くなりました

コストを少しでも抑えたいという理由からで 仕方がない部分は

ありますが 建築物は何十年も安全に建っていなければなりま

せん

コストを押さえた上でも そのような設計を進めていきたいと

考えています

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから