改めて終戦記念日

毎年お盆になると旅行に行っていましたが 今年は色々あって

ずっと家にいると テレビや新聞で原爆や終戦のことの特集を

しているのに目がいきました

0055fce3-s

私の祖父や叔父さんも戦死していて 話は聞いていましたが

あまり頭に残らずにいました

最近 世界の戦争に関する本を何冊か読んだりしていたので

お盆に特集されていたテレビや新聞の終戦に関する内容を

興味深く読むことができました

日本の軍人は覚悟が決まっていて本当に立派だったと聞か

されてきましたが そうではなく 立派だったというイメージを

作り上げていた ということを感じました

兵隊に関しては死ぬのは嫌だとか 怖いという本心を言う事が

許されなかったし 幹部の人たちは戦況が悪くなっても 悪いと

認められない状況を作っていたようで 失敗に関して責任転嫁を

することが普通になっていたようです

まだ軍人にもなっていない15~6歳の学生にも 国のために

死んで来い と命令するなど 本当にめちゃめちゃだったことが

わかりました

賢い人は大勢いたのに誰もが方針転換できなかった世界だった

ということです

月並みですが知れば知るほど平和のありがたみを感じたお盆

でした

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから