権力を持つこと

日本ボクシング協会の山根会長のやりたい放題の行動が連日

報道されています

山根会長

リオ五輪に男子ライト級で出場した成松大介選手に 15年度

に日本スポーツ振興センターから交付された助成金240

万円について 山根会長の指示で3等分されて助成対象外の

別の2選手に80万円ずつ渡されていたことや 奈良出身の

選手に無理やり勝たせる疑惑判定を無理強いしたり 挙句の

果ては公式試合で認定のボクシンググローブを 知り合いの

業者に独占販売させるなどなど まだ疑惑の段階ですがここ

まですることができるとは大変驚きです

通常は周りの目が気になってなかなかできないというのが

普通だと思います

人間はある程度の権力を持つと どうしても 私利私欲に使って

しまうようになるようです

それでも巨大な権力を持つと多大な寄付をしたり 社会に還元

したりする人間になると聞きくので どうも中途半端な権力を

持つあたりが一番危ない時期かもしれません

どちらにしても 私利私欲の道には絶対に行かないと いつも

心に誓っていないといけない ということなのでしょう

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから