多摩市の工事現場の火事

東京の多摩市にあるビルの建築工事現場で火災があり作業員

40人ほどがケガをし作業員5人が死亡したとのニュースが

ありました

多摩市出火画像

地下3階でガスバーナーで鉄骨を切断する作業をしていて

その火がウレタンに引火したとのことでした

ガスバーナーで鉄骨を切断する作業は 私も経験があるの

ですが電気溶接と共に大変危険です

工事中の火災はこれほど大規模になるということです

消火器などの防火設備は準備されていたと思いますが

工事中に全てにおいて安全管理を施すということは大変

難しいことです

工事中の現場には有毒ガスを発生するものもあります

画像のようにものすごい黒鉛が舞い上がり大惨事だと

いうことがわかります

工事中の安全管理には万全の体制を整えて望まないと

いけません

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから