被災地での迷惑な救援物資

関西の浸水被害のあった地方にボランティアの方が大勢

お手伝いに行ったり 様々な物資を送ったりしています

私たちも各自でできることをさせていただきたいと

考えています

しかし 現地のことを考えずに送りっぱなしの物資が

ありがた迷惑だという指摘も多くあります

被災地に送られた物資でいらなかったものリストが

公開されていました

・千羽鶴
・寄せ書き
・生鮮食品
・お米など調理が必要な物
・賞味期限が近い・分からない食品
・辛いラーメン
・明らかな古着
・季節外れの新品の服
・周波数の違う家電

というリストでした

こちらが親切で考えて送ってあげるのだからと

いう気持ちだけでは 本当の手助けにはならない

とのことです

thousand-paper-crane

千羽鶴や 寄せ書きなんてのは作るのが大変だったので

その思いを被災地に届けよう という気持ちは全くの

自己満足の世界だということをきちんと理解しないと

いけないということです

私はこのほかにも必要以上の報道もどうかと思って

います
 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから