井戸のお祓いと息抜き

先日より解体工事をさせていただきております

お住まいの中にありました井戸のお祓いと息抜きを

雨の中執り行いました。

井戸と言っても、貞子が出てくるような井戸ではなく、

水をくみ上げるための管の撤去のためです。

新しい建物では、井戸は建物から外す計画です。

が、やはり慣習に従い、納めることで、新しい生活も心配なく

暮らすことができます。井戸を埋める際に息抜きをする理由として、

「井戸に宿る神様・精霊が、呼吸できるようにするため」と

いうものや、「井戸から発生するガスが抜ける経路を確保するため」と

いうものがあります。

このどちらも、慣習的な理由であり、科学的な根拠が

存在しているわけではありません。

塩ビ管を抜き、代わりに目抜き竹と言って、節を抜いてパイプ状に

した竹を差し込み、お浄めした砂を詰め、無事終了です。

竹にするのは、いずれ土にかえるという意味です。

お客様のほっとしたお顔が印象的でした。

コメント
コメントはこちらから