木造家屋の建具の調整

築50年以上の木造の住まいの建具が調子が悪いので 診て

ほしいとの頼がありました

調査に出向くと かなりきちんと造られた住まいでしたが

掃き出しのサッシが木製で その動き悪くなっていました

開港の中央辺りだとまったく動かなくなります

そのほか摺上障子も真ん中で動かなくなっていました

木造の住まいではよくあることで 胴指しや梁が反ったり

して下がることで起こります

湿度が高い日本では無垢材を使用していると木材の反りを

完全に防ぐのは難しいことなので 度々の調整が必要になり

ます

動かなくなっている戸はジャッキアップして外し 削り

合わせて調整することになりました

建具

すべて調整してうまく作動するように直りました

古い木造住宅は調整することによって長く使うことが

できるので大事に守っていきたいです

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから