時間稼ぎの戦術

ポーランドに1対0で敗れた日本は コロンビアがセネガルに

1対0で勝利し 直接対決で引き分けていたセネガルと同

勝ち点 同得失点 同総得点になりましたが イエローカードと

レッドカードの数で決まるフェアプレーポイントの差で

かろうじてグループリーグ2位突破が決まりました

他会場のセネガルが点を入れられたという情報が入ったら

ゆっくりとボール回しをするという戦術を使って時間

稼ぎをしてぎりぎりで予選リーグを2位通過するという

作戦を取り それが見事に当たったわけです

目標が決勝トーナメント出場だったから これで良かったと

感じている人が多かったですが 時間稼ぎの作戦が納得いか

ないと感じている人が多かったようです

私も時間稼ぎの戦略は違和感がありました

残りの十分少々だったからまだOKという人もいましたが

例えば時間稼ぎが20分だったら 45分だったらどうだった

のか 1試合ずーっと時間稼ぎしていたらどうだったか

となります

勝負はお互いに点をとるために一生懸命やっているから

見ていて面白く感じて応援しがいがあるけど 時間稼ぎを

見ていると応援する気持ちが起きないのは確かです

プロスポーツはファンに給料をもらって働いているので

ファンを楽しませなければならないと思います

それを忘れると先日のゴルフのプロアマ戦で片山晋呉

みたいに勘違いすることになってしまいます

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから