大阪北部地震の被害

大阪北部地震の被害は現在のところ死者5名 負傷者376名

住宅の一部損傷は大阪265棟 京都府64棟 奈良県3棟

兵庫県2棟 という状況で 建物に関しては調査が進めばまだ

増えるのだそうです

新規JPEGイメージ

建物の状況を見ると木造の古い建物 旧耐震基準で建てられた

もので地震に対してはかなり弱い構造になっていたという

ことです

何年も前から中部地方を中心とした南海トラフ大地震が

近々襲ってくると警告されていて 耐震診断をしましょうと

言われて 少しずつ建物の耐震化が進んでいます

昔の基準は今と全く違い 自身に対して弱い構造だし 検査も

きちんとされていないことが多かったのが事実です

耐震診断をすると1にしなければならないのに0.2とか

0.3で かなり\の費用がかかるから補助金もらっても

足らなくてできないと 何もしないという方が多いのが

現状です

1にできなくても命を守るためには地震が来てから建物が

倒壊するまでの間に逃げる時間を確保できればよいのです

時間を稼ぐだけなら 過大な費用がかかるわけではないので

古い住宅に住んでいる方は是非専門家にご相談される事を

お勧めします

名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから