大阪の地震でブロック塀が倒れた-2

一昨日の大阪の地震で 市立寿栄(じゅえい)小学校のプールの

ブロック塀が倒壊して小学生の女児が亡くなられた事故で

ブロック塀の構造で控え柱が無かった事に建築基準法違反が

あると言われていますが それが不可解だと感じていました

地震-1

小学校の工事に関しては公共の工事になるので 設計や工事は

入札が基本で 完成時には管理者のチェックが入りそれに合格

しないと引渡しができないルールになっているはずです

そのために官公庁の仕事は手抜きは無く きちんと行われて

いると聞いていました

色々調べてみるとある金額以下の軽微な工事は 学校が直接

発注できる権限があり 検査も学校側がするというケースが

あるらしいです

そうなると資格を持たない専門家でない人が検査をする事に

なり 今回のようなケースが起こりえることになります

今回の事故のようなことが起こらないように制度の見直しを

すべきですね

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから