レオパレス21の事件

アパート マンション業者のレオパレス21が過去に造った

アパート200棟あまりに建築基準法違反があったと新聞に

載っていました

レオパレス21

アパートのオーナーの指摘で見つかったとのことです

アパートの各部屋の隣との壁 界壁と言いますが これが天井

まで達していなかったと言うことです

発覚したことを受けて レオパレス21が 今までに建築した

3万7千棟あまりを検査して違反があったら是正工事をする

とのことです

建築を営む私たちにとってアパートの隣の部屋との間の壁

界壁を天井まで造るのは常識で 隣との間に隙間があると

音が漏れたり防火上問題になります

特に音が漏れると 隣の音がうるさいというクレームがある

ので この工事はいかにきちんと行うかを心がけています

そのため 間違いでこうなってしまったと言うことは大変

考えにくく 担当者は当然知っていたと感じます

何かの間違いで起こってしまったと信じたいですが 建築は

ずっと残るもの 見えない場所だからといって 適当に造る事は

許されない事です

私たち平成建設も住宅を提供する時に気を引き締めて造って

いきたいと考えています

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから