分譲住宅のデメリット-1

前回 分譲住宅のメリットについて書きました

今回からデメリットについて書いていきます

デメリットというとまずはこれだと思います

間取りが最初から決まっていることです

DSC_0580

分譲住宅は 万人が好みそうな間取りを採用していることが

多いです

よくあるのは リビングダイニングの他 寝室が1つと子供部屋が

2つの3LDK またそれに小さめの和室を1増やすか 納戸か

予備室を足した4LDKが一般的です

しかし お施主様によって生活スタイルは様々だし 個室の

使い方も様々です

その間取りには生活スタイルが合わないかもしれませんが

分譲住宅は生活スタイルをあわせるしかないのです

次のデメリットは

土地の広さや形状が選べないということです

大半の分譲住宅はトータルのコストを抑えるために土地の

広さは必要最低限ギリギリで設定してあるケースが多いです

車を入れるのにゆったりしたいとか 将来物置を置きたいとか

のご希望があっても スペースがないケースが多いです

また 日当たりに関係する南面に面している間口は ギリギリで

抑えているケースが多いです

これらのデメリットを理解してから分譲住宅を検討される

ことが必要です

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから