外来語のカタカナ

国際化と言われて 気がつくとカタカナの外来語のような

言葉がたくさん氾濫しています

外来語

どう考えても日本語で言った方が良い言葉というのが

ネットに掲載されていました

その中で私が意味を知らなかった言葉はこんな感じです

「サステナビリティ」意味は持続可能性ですが これを知って

いる人がどれくらいいるかなと思う言葉です

「ダイバーシティ」(多様性、多様化)も よく使われます

「コミットメント」(約束、集中する)これは何となく

わかる感じです

「エビデンス」(証拠、確証)

「アジェンダ」(議題、課題) 

以上のようなものは日本語で言った方が良い気がしますが

最近はこのように表現されています

皆さんが理解できれば問題ないのですが 私が勉強不足

なのかもしれません

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

バナー←あなたのワンクリックお願いします

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから