子供の教育について

中学3年生の14歳の少女が友人の家から1000万円の

現金を盗んで友人に配っていたという事件がありました

友人から仲間はずれにされないようにお金を盗んで配ったと

いうのが理由らしいです

自分が中学生の時 同じような気持ちになったとして どうか

という事を考えると1000万という現金を目の当たりに

した時 盗んで友人に配って それでバレずにすむだろうという

度胸が出てこない気がします

友人の中で仲間外れにされて心底困っている時には そんな

気になってしまうのが現代の子供だといえばそれまでですが

やはり 子供の友達が家に来た時に1000万もの現金を家の

盗めるところに置いておくという行為が攻められるべきなの

かなと思います

そんな現金を家に置いている家庭が 教育がなっていないと

いうことになるのでしょう

昔は1000万の現金を拾ってもきちんと届けることができる

という気質が日本人のすばらしい所だといわれていましたが

考えを変えていかなければならないということだと思います

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから