ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House

(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。

住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして

太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、

年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の

収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、

国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題の

ひとつとして位置付けられています。

そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」

導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で

創るエネルギー量が多い=ZEHゼッチ

(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに

注目が集まっています。

政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。

残す期間も2年を切り、標準化に向けた段階に来ております。

先日、LIXIL(リクシル)でZEHの勉強会に参加いたしました。

 

私たちのつくるお住まいの性能は、ほぼ省エネ基準は

満たしております。

ただし、ZEHの認定を取るには、一棟ごとに数字化して

認定機関で適合証明まで取得する必要があり、

別途費用が発生します。

補助金を有効に活用したり、申請手続きを簡素化し

費用を抑えることで、建てられる方にとって、

より高性能で、省エネで快適な住まいを実現しやすく

なるために、様々なご提案をできるようにしてまいります。

コメント
コメントはこちらから