集中しすぎる事

大相撲の春巡業・舞鶴場所で 土俵に上がった多々見良三市長が

挨拶中に倒れる出来事があり 観客席から女性数人が心臓マッ

サージをしていた時 会場ではアナウンスを担当していた行司が

繰り返し「女性の方は土俵から降りてください」とアナウンス

していたそうです

6-1

後に八角理事長がこの件について謝罪していました

一般の人なら100人中100人が いくら土俵は女性禁制だと

しても このようなアナウンスをすることがおかしいと感じる

と思います

その中で どうして行司さんはアナウンスし続けたのか

昔から ずっと土俵は女性禁制だと意識していると 一般の

感覚よりそちらを優先してしまう ということなのでしょう

これも一種の洗脳かもしれない と思うと 集中しすぎると

周りが見られなくなり正確な判断ができなくなるという

ことだと思います

私たち住宅に携わるものにとって よい住宅を造ることは

当たり前ですが 業者目線だけでなく お客様目線を持ち

続けることが重要だと感じます

常に自分を第三者の目で見ていることが必要だとつくづく

感じる出来事でした

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから