お彼岸

今までは祭日に仕事が多く、親任せにしておりました。春分の日に休みが取れましたので、

墓参りとお彼岸法要に出かけました。

彼岸には春彼岸と秋彼岸があります。それぞれ、春分の日(3月21日頃。その年により変動)、

秋分の日(9月23日頃。その年により変動)を中日として、その前後の3日を合わせた7日間を彼岸といいます。

春分と秋分は太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日ですが、

お彼岸にお墓参りに行く風習は、この太陽に関係しています。

仏教では、生死の海を渡って到達する悟りの世界を彼岸といい、その反対側の私たちがいる

迷いや煩悩に満ちた世界を此岸(しがん)といいます。

そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、

彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、先祖供養をするようになりました。

お彼岸はインドなど他の仏教国にはない日本だけの行事だそうです。

日本では、正月など神道にまつわる行事を行う一方、仏教を説いた釈迦の教えも受け入れてきました。

お彼岸は「日願」でもあるため、太陽の神を信仰する神道と結びつきやすかったという説もあります。

また、春の種まきや秋の収穫とも結びつき、自然に対する感謝や祈りが

ご先祖様に感謝する気持ちにもつながって、お彼岸は大切な行事となりました。

日ごろは困ったときの神頼み、ご先祖頼みで都合よくお願いしておりましたが、

改めてご先祖様に感謝した一日でした。

コメント
コメントはこちらから