痩せるには

1-27-718x479

松本浩彦医師という先生が「やせたければ食べるな」と書かれて

いました

痩せたいと考える方はまず運動をしようと考えますが 

この先生は下記のように書かれています

まず、運動はしてはいけません。
運動で消費するエネルギーなんてたかが知れています。
中略
1時間のウォーキングで消費するカロリーはイチゴ大福1個分。
4時間連続縄跳びなんて実際できないですけど、やったとして
するエネルギーは、きつねうどん1杯分です。
要するに「やせたければ食べるな。食べたければ、やせようと
思うな」ということ。
食事の量を減らすにはよく噛むことです。
一口32回噛んで飲み込んで、口の中が空っぽになってから
のものを口に入れる。
そうすれば自然と食事の量は減ります。あれはダメでこれは
なんて、食事の「質」を考えてはダメです。
とにかく「量」を減らすこと。  
お酒だって飲むなとは言いません。
ビールはやめて下さい。
酸ガスで胃が大きくなってたくさん入るようになってしまい
ます。
それから果物は一番太る食べ物だということも知っておいて
下さい。
中略
運動して、今日はよく頑張ったから、ビールもう1本くらい良い
だろうとか、グレープフルーツもう1個とか、自分にご褒美を
あげないことです。

なるほど と感心することばかりです

ジョギングするとその後体重が減るので つい運動で体重を減らす

ことができると考えますが それは間違いだということですね

いくら運動しても毎日ビールを飲んでアイスクリームを食べて

いては体重が減らないはずですね

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから