既存住宅の講習会

1月24日に講習に行ってきました。

建築主事を退官された方からの情報で、30年4月から宅建業法が変わり

中古住宅の仲介は、重要事項の説明において状況調査をされたかを説明しなくてはいけないので、資格だけは取っていた方がよいと聞き、9時から16時まで講習、18まで試験を受けてきました。

試験の最中に資料は見ても構わないといわれましたが、調べるのに時間がかかり、頭がショートしました。

建築士に試験でも、法規の試験には基準法の本を見ても良いのですが、そこから調べていくのが大変で、同じようなものでした。

また、受験資格が建築士じゃないといけないし、設計事務所に勤めているなどいろいろありましたが、

どのような建物でも出来るものと思っていましたが、やはり建築士の条件の範囲内といわれ少しがっかりしました。

建築士事務所の登録されているところでないとできないと聞きましたので、持っていて不自由はないですね。

 

コメント
コメントはこちらから