山中所長の会見で

京大の山中教授がIPS研が出した論文に捏造や改竄(かいざん)

が含まれていたことで所長として会見していました

記者が辞任の可能性は? という質問をしていたことで 責め

られています

部下が不正を行ったことで所長が責任を取るといっているだけ

なので ノーベル賞をとったほどの山中教授がやめる必要ない

という意見が多いです

山中教授はマラソンをやっていて たまたま大阪マラソンで

私の隣を走っていて声をかけたことがあり 気さくな方だった

記憶があります

そんなこともあり 私も山中教授は素晴らしい方だから 部下の

防いでやめる必要はない と感じてしまいますが 有名な人だから

ノーベル賞を取った人だから ということで辞任する必要はない

と 決め付けるのはあまり気持ちよくない感じがします

では有名でなかった人だったら辞任しなければならない事に

なるのか 世論はイメージで決まる というのはあまり
すっきりしないです

情報が簡単に入手できるので 勝手にイメージを作ってしまい

がちですが物事は冷静に考えていきたいです
 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから