平成建設が手がけたお客様

昨日 新しく注文住宅を検討されているお客様が 購入された

土地の調査に足を運びました

すぐ近所に10数年ほど前に平成建設が建てた注文住宅が

二軒あったので 足を運びました

二軒ともお留守だったので 外から眺めるだけだったのですが

このご家族と知り合った時のこと この住まいが完成した時の

ことが浮かんできてとても懐かしく感じました

あの頃生まれたばかりのお子様も大きく成長されている

ことでしょう

最近ご無沙汰していて訪れることが少なくなっていたので

また 機会があったら伺ってみようと思いました

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

初めての進路の台風

記録的な猛暑がやってきて どう対応したら良いか と考えて

いたら 今度は 今までの記録にない東から西へ進む 初めての

コースを進んだ台風12号が上陸しました

幸い愛知県西部は被害がほとんどなかったので一安心でした

が 各地で被害が大きかった所があり 大変心配されます

壊れて流されていく住宅の映像を見ていると 住宅屋としては

本当に悲しい気持ちになります

自然の力にはかなわない部分もあるのですが 私たち住宅屋と

してできる事は 住宅を検討する時に 自然災害を最大限避け

被害を減らすようなアドバイスをさせていただく事だと

考えています

今後 私たち住宅の専門家として より一掃レベルを上げて

いく努力をしていこうと考えています

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

多摩市の工事現場の火事

東京の多摩市にあるビルの建築工事現場で火災があり作業員

40人ほどがケガをし作業員5人が死亡したとのニュースが

ありました

多摩市出火画像

地下3階でガスバーナーで鉄骨を切断する作業をしていて

その火がウレタンに引火したとのことでした

ガスバーナーで鉄骨を切断する作業は 私も経験があるの

ですが電気溶接と共に大変危険です

工事中の火災はこれほど大規模になるということです

消火器などの防火設備は準備されていたと思いますが

工事中に全てにおいて安全管理を施すということは大変

難しいことです

工事中の現場には有毒ガスを発生するものもあります

画像のようにものすごい黒鉛が舞い上がり大惨事だと

いうことがわかります

工事中の安全管理には万全の体制を整えて望まないと

いけません

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

ヴィンテージスタイルの暮らし

最近イシンホームの家のお問い合わせが増えてきています

そこで 私たち平成建設が手がけるイシンホーの家の最新の

トレンドをお伝えします

「夢限未来」というシリーズのすまいです

その中で まず本日ご紹介するのはレトロ映画風の

本格的ヴィンテージスタイル

DSC0811-1

外観は黒を中心とした落ち着いた色合いでまとめてあります

DSC0856

インテリアは 時を経て愛され続けるレトロ感が魅力的な

スタイル

時間とともに魅力が増していきます

DSC0846

ヴィンテージなこだわりを叶えて おしゃれにカッコよく

暮らしたい方に おすすめのスタイルです

こんな環境での暮らし 憧れますよね

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

先輩の還暦お祝い

豊心会の先輩の還暦のお祝いをしました

1532467544309

還暦というのに大変若々しく とてもそんな年には見えないし

現在も会社の環境を変えてレベルアップさせている素晴らしい

経営者の先輩です

DSC_1476

みんなで還暦恒例の三点セットを贈りました

大先輩が人生の進め方の素晴らしい見本を見せてもらえる

ので 大変刺激になります

1532467530655

還暦というと 昔はよぼよぼになったじいちゃんが 人生を

一周回って赤ちゃんに帰る という認識を持っていましたが

最近は全く違うのだと感じました

次は私の番ですが 還暦相応だ T言われないように精進

したいと思っています

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

エアコンの効きをよくする方法

連日の猛暑というか酷暑の中 何とか自分たちがすごしやすい

ように工夫をしなくてはなりません

気温が高すぎてエアコンの効きが悪くなってきたように

感じる人もいると思います

エアコンの室外機の周りにものが置いてあって障害物に

なっていると効きが悪くなるので取り除くようにすると

よいと思います

また室外機を冷やすと良いとも言われていますが 水を

かけるのは故障の原因になるのでNGです

そこで ネットで簡単にできる方法を見つけました

trend180723_01

このように バケツに水を入れて雑巾を浸し 室外機に

かけておく という方法です

毛細管現象で雑巾が常に水分を含んだ状態になるので

室外機の温度上昇を抑えることができるようです

早速試してみたいと思います

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

元気な人は元気

名古屋で最高気温39度を越したようです

この暑さで熱中症になる人が続出していて気をつけなけ

ればなりません

早朝 名城公園を走る「朝ラン道場」に参加してきました

37595611_1744279895650037_5448192746852450304_n

少し走っただけでフラフラになり危ない感じでした

しかし皆さん大変元気で走っていて 走り足りない人も

いるようでした

37615291_1744279955650031_3847433142570844160_n

名城公園ではかなり大勢の人が走っていて 暑くて危険だから

外出することを控えましょう という声がどこ吹く風 と

いう人が多いことを体感しました

私は結構バテ気味ですが 元気な人は元気なのですね

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

葬儀場の営業手法

義理の父が先日亡くなられました

体が弱っていたことに加えてこの暑さで大変だったようです

濃い親戚だけで葬儀を行い 済ませることができました

ある大手の葬儀屋さんにお願いして 良くしていただきました

お通夜が終わった時担当の方が控え室に来て その葬儀場の

会員になりませんかと営業をされました

最近の葬儀場ではこういう時間にも営業をするものなんだ

と感心して 担当者とそんな世間話をしていました

それで終わるかなと思っても 話は終わらず どうも会員を

増やすノルマがあるようでした

話が終わらず 担当者が離れなくて お金も要らないという

ことなので 家内が会員になることにしました

私はもう会員になっていたので入れなかったからです

翌日葬儀が無事終わって初七日の食事も終わり すべて終了

した時 最後に同じ担当者がまた営業してきたようです

ここまでやるものなのか という気持ちと ここまでやるの

だからどんどん大きくなっていくのだ と経営者の素晴らしさ

を感じた一日でした

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

被災地での迷惑な救援物資

関西の浸水被害のあった地方にボランティアの方が大勢

お手伝いに行ったり 様々な物資を送ったりしています

私たちも各自でできることをさせていただきたいと

考えています

しかし 現地のことを考えずに送りっぱなしの物資が

ありがた迷惑だという指摘も多くあります

被災地に送られた物資でいらなかったものリストが

公開されていました

・千羽鶴
・寄せ書き
・生鮮食品
・お米など調理が必要な物
・賞味期限が近い・分からない食品
・辛いラーメン
・明らかな古着
・季節外れの新品の服
・周波数の違う家電

というリストでした

こちらが親切で考えて送ってあげるのだからと

いう気持ちだけでは 本当の手助けにはならない

とのことです

thousand-paper-crane

千羽鶴や 寄せ書きなんてのは作るのが大変だったので

その思いを被災地に届けよう という気持ちは全くの

自己満足の世界だということをきちんと理解しないと

いけないということです

私はこのほかにも必要以上の報道もどうかと思って

います
 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

怒鳴り声の騒音

平成建設の事務所の隣でマンション業者が3階建ての軽量

鉄骨の賃貸マンションを建設中です

仕事柄 工事現場があると どのように施工しているか見て

参考にさせていただいたいます

大手なので 参考にするところはたくさんありました

DSC_1464

梅雨の間に基礎工事を行って 先週から建て方を行っています

この建て方工事は組み立て専門の鳶さんのような職人が

数人で請け負っているようでした

この組み立てやさんの職長が若い新米の職人4人ほどに

指示をしているのですが 朝から大変大きな声で怒鳴って

いました

※※もってこい!

ばかやろ~

おせ~ぞ

などなど 関西弁で一日中怒鳴っていました

平成建設の事務所では窓を閉め切ってもずっと聞こえていた

ので 現場では大変大きな声だったようです

朝のうちは 私が若い頃は現場にはこんな人がよくいたものだ

と懐かしがっていましたが ずっと続くのでだんだん気分が

悪くなってきました

こんなことをずっと言われ続けていたら若い職人はすぐに

辞めてしまうのではないかと心配になりました

工事を請け負っているのは 大手賃貸マンションメーカーで

愛知県ではまだ名前を聞くことは少ないのですが 全国では

かなりたくさんの賃貸マンションを建設しているそうです

そんな業者なので近隣に対する配慮はきちんとされていま

したが 騒音よりもこの怒鳴り声の方が迷惑だと感じます

本人たちはいつものことなので慣れっこかもしれませんが

私でも気になるのですから一般の市民は耐えられないと

思います

人のふり見て我がふり直せ ですね

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと