カーナビはいらなくなった?

車にカーナビがついてから車の運転状況が かなり変わって

大変便利になりました
p3-550x366

私たち建築業者は様々な現場に行く時に地図を見ながら

目的地を探して車を走らせたものですが カーナビのおかげで

かなりスムーズに目的地までたどり着くことができるように

なりました

しかし 新車を購入するときのカーナビのオプション価格が

大変高額で こんなにかかるものか でも仕方がないと感じて

いました

でもスマートホンやタブレットにカーナビの機能が入って

いるので 代用できるのも事実です

スマホだと画面が小さくて運転しながら見るのは大変だけど

タブレットなら問題なく代用できると思います

新規JPEGイメージ
スマホの画面を移すモニターが見えるところについていれば

タブレットも必要ないのでカーナビはいらなくなります

今にそうなるので高いカーナビはいらなくなると思いますが

カーナビのメーカーが困ることになるので すぐには変わら

ないかもしれません

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

終の棲家 第二弾

中村区で平屋建て「終の棲家」の完成見学会に

ご来場いただきました方との打ち合わせも進み、

長年住み慣れたお住まいの解体工事に着手いたしました。

前回と同様平屋建て「終の棲家」です。

ご商売をされていましたが、年齢的なこともあり、

またこれからの人生を快適で健康で長生きするために計画されました。

今の家が古くて、冬は寒いし、台風や地震にも怖いのも理由の一つです。

今計画のお住まいは、寝室から夜にトイレに行きやすいよう、

トイレから洗面浴室にも直線でつながる間取りです。

日中明るく日当たりの良い場所に大きなLDKを配置し、

お孫さんが泊まれるゲストルームもあります。

事故など無いよう気を付けて工事を進めてまいります。

時間稼ぎの戦術

ポーランドに1対0で敗れた日本は コロンビアがセネガルに

1対0で勝利し 直接対決で引き分けていたセネガルと同

勝ち点 同得失点 同総得点になりましたが イエローカードと

レッドカードの数で決まるフェアプレーポイントの差で

かろうじてグループリーグ2位突破が決まりました

他会場のセネガルが点を入れられたという情報が入ったら

ゆっくりとボール回しをするという戦術を使って時間

稼ぎをしてぎりぎりで予選リーグを2位通過するという

作戦を取り それが見事に当たったわけです

目標が決勝トーナメント出場だったから これで良かったと

感じている人が多かったですが 時間稼ぎの作戦が納得いか

ないと感じている人が多かったようです

私も時間稼ぎの戦略は違和感がありました

残りの十分少々だったからまだOKという人もいましたが

例えば時間稼ぎが20分だったら 45分だったらどうだった

のか 1試合ずーっと時間稼ぎしていたらどうだったか

となります

勝負はお互いに点をとるために一生懸命やっているから

見ていて面白く感じて応援しがいがあるけど 時間稼ぎを

見ていると応援する気持ちが起きないのは確かです

プロスポーツはファンに給料をもらって働いているので

ファンを楽しませなければならないと思います

それを忘れると先日のゴルフのプロアマ戦で片山晋呉

みたいに勘違いすることになってしまいます

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

夏祭りイベントのご案内

7月の7日土曜日と8日の日曜日にモデルハウスで恒例の

夏祭りイベントを開催します

平成建設の清須のモデルハウスで 輪投げや風船つり

お菓子の掴み取りなどなど 子供さんと一緒に楽しく夏祭り

気分で遊びましょう というイベントです

ついでに イシンホームの夏涼しい快適なお部屋の感覚も

見学して味わっていただければありがたいです

ご予約なしでもご来場いただけます

時間が許す方 お気軽にご来場ください

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

バナー←あなたのワンクリックお願いします

こっちもね→社長のひとりごと

近年のマカオの風景

こちらはWEBから拝借したマカオの最近の画像だそうです

db95cb46

最近はCG技術が発達しているので どうせこれもCGだろう

と感じますが全くそうではなく実写だそうです

以前マカオに行ったときこの建物は見た気がしますが

このように撮影すると本当に迫力があります

日本では地震国だということもあり建築基準法が厳しくて

このようなバランスの建物は構造的に建てにくいので なかなか

このような景色にはなりませんが このSFチックな風景を

見ると 建築に携わっているものとしては携わってみたいと

感じてしまいます

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

スポーツクラブの同窓会

学生時代に活動していたスポーツクラブの同窓会に出席して

きました

学生スポーツクラブと言って 冬は冬山にスキー 夏は高原で

テニス もしくは南の島 沖縄や与論島にリゾートに行こうと

いう名目で ほかの大学生を集めてバスツアーや船の旅の

ツアーを企画するというものでした

35年から40年前にはそのようなスポーツクラブが

いくつもあって バスをチャーターしてスキー場で競って

滑っていた記憶があります

中には35年ぶりに会う人もいたのですが 若い頃の時間を

共有した仲間は 話しているとタイムスリップできるものです

DSC_1307

大学教授になった人から

DSC_1315

松山千春になった人や

DSC_1319

横山やすしになった人まで 皆さん人生を楽しんでいる
ようです

DSC_1309

女性は昔と変わらず皆さん美しかったです

DSC_1317

学生時代の仲間は良いものですね

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

ワールドカップとウルトラマラソン

夕べはワールドカップセネガル戦で 大変な盛り上がりだった

ようです

さすがにセネガルには勝てないだろうといわれていたのに

追いついて勝ち点1をもぎ取りました

日本人は最近はさまざまな種目で本当によく頑張ってくれる

なあと 感心しました

昨日北海道のサロマ湖でウルトラマラソンという100キロ

レースが開催されてラン仲間が3人出場しました

その中の1人が無事完走しました

それを見ていてほかのラン仲間が2人 来年は自分も出ると

宣言していました

皆さん本当に頑張っています

私は100キロは出ることはできませんが そんな話を聞いて

いると どんなことでもいい加減ではいけない との戒めに

なります

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

地震の預言者?

先日の大阪北部地震を受けて ブラジルの偉大なる予言者

ジュセリーノ・ノーブレカ・ダ・ルースという人が 予言を

していて 2018年6月21日に日本の東海地方でM10.6の

巨大地震が発生する!!と言っていました

ふと考えると大阪北部地震が余震だったと考えると

辻褄が合う気がします

新規JPEGイメージ

今日は22日なので外れたわけです

この予言を別の知人二人から聞いて知ったので あちこちで

言われているようです

この預言者 ジュセリーノは東日本大震災を予言したとか

言われていますが 調べてみるとかなりいい加減な人物らしく

後出しで当たった当たったと言っているようです

しかしこのようなうわさは尾ひれがついて どんどんエスカ

レートしていくので 広がってパニックになることもあります

地震について備えることは重要なのですが 予言が当たら

ないことに慣れっこになってしまって 本当に来た時に

うまく対処できないことが無いようにしたいものです

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

太井町の家 お引渡し式!

太井町の家でお引渡し式を開催しました

平成建設では恒例のテープカットから行いました

みんなで万歳をして記念写真

奥様から御主人様に対してのお手紙を読んでいただいて
思わずウルウルしてしまいました

平成建設からささやかなプレゼントです

ご家族で記念写真

みんなで万歳で記念写真

お施主様の幸せな表情を見ていると
私たちも幸せです
家創りの仕事をしていた良かったと感じる瞬間です

大阪北部地震の被害

大阪北部地震の被害は現在のところ死者5名 負傷者376名

住宅の一部損傷は大阪265棟 京都府64棟 奈良県3棟

兵庫県2棟 という状況で 建物に関しては調査が進めばまだ

増えるのだそうです

新規JPEGイメージ

建物の状況を見ると木造の古い建物 旧耐震基準で建てられた

もので地震に対してはかなり弱い構造になっていたという

ことです

何年も前から中部地方を中心とした南海トラフ大地震が

近々襲ってくると警告されていて 耐震診断をしましょうと

言われて 少しずつ建物の耐震化が進んでいます

昔の基準は今と全く違い 自身に対して弱い構造だし 検査も

きちんとされていないことが多かったのが事実です

耐震診断をすると1にしなければならないのに0.2とか

0.3で かなり\の費用がかかるから補助金もらっても

足らなくてできないと 何もしないという方が多いのが

現状です

1にできなくても命を守るためには地震が来てから建物が

倒壊するまでの間に逃げる時間を確保できればよいのです

時間を稼ぐだけなら 過大な費用がかかるわけではないので

古い住宅に住んでいる方は是非専門家にご相談される事を

お勧めします

名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと