自然素材の家って?-6

構造材について-1

綾田邸013

自然素材の家で骨組みの構造材について書きたいと思います

最近特に構造材をインテリアの一部として化粧材として見せる

住まいが多くなってきて 特に構造材の種類が気になるように

なってきました

綾田邸012

昔から総ヒノキ造りの住宅は素晴らしい と言われてきて 骨組は

ヒノキやヒバなどの針葉樹の無垢材が最適だと考えられていた

わけです

綾田邸010

確かに法隆寺に代表されるように 無垢の構造材は丈夫で長持ち

しますが 無垢材の特徴である反り捻りなどの狂いや 割れが

出やすいのも事実です

綾田邸007

リビングの天井付近に無垢材の梁を見えるように設置したら

ヒビが入り「崩れてくる気がする 大丈夫なの?」とお客様に

言われたことがあります

調査して ヒビが入っていても 構造的に問題がなかったから

大丈夫です と申し上げたのですが納得出来なさそうな表情を

されていたことがありました

綾田邸005

これらのことを考えても無垢の構造材は全てが良いと言う

わけではない と言うことです

次回は集成材の構造材について書こうと思います

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから