台風について

大型台風が日本に上陸しようとしています。

子供ときは(宮崎)全く気にしていなかったのに、結構気にされる方が多くいます。

台風の怖さは中部圏を襲った伊勢湾台風に影響されるかもしてません。

1959年に死者5000人以上出した大型台風です。

当時は、台風に対する情報もなく、どこにも上陸しないので、台風が弱らないまま上陸したので災害が甚大になったと思われます。

台風の強い部分は、進行方向から右回りに強く発達していきます。建物が台風の右側に位置する場合は、台風から吹き込んでくる南東の風が強くなります。つまり、自宅が台風の進路の右側になるときが強風に要注意です。

台風による影響は地理的なものが多く影響されます。そのため、どのような地形に立っているかが大きく左右されます。

最近では外観重視でシャッター雨戸をつけなくなっています。この道具は台風の恐怖感を和らげたり、飛来物から窓ガラスを守ったりする効果があります。

そのため、シャッターをつける一考の余地はあると思います。

コメント
コメントはこちらから